この場合ビケ足場の規格寸法上の制約 注 もあります 一般に作業床と外壁が約20内柱と外壁が10の場合が最も狭い値の限界です 作業の内容によっては作業床と外壁の間隔を25または30以上確保する必要がある場合もあります. 畳の基本寸法大きさサイズの違いと歴史的背景 畳発祥の京都を中心とした京間の畳寸法六尺三寸を頂点に地方でひとまわり小さい規格が生まれたのは平安時代に身分の違いにあわせて畳の大きさを決めると いう考え方や関東を中心とする柱真から柱真までの一定の間隔一間の. Folding Doors Rolling Grilles And Security Closures Folding Doors Door Hardware Interior […]